Uriji
(ゆりじ工房)

170524a


この木材で作業台を作ろうと思います。


まずはサイズに合わせて木材を切ります。


170524b


切った木材に色を塗ります。
ウォールナットという色です。


170524c


それをビスで止めると完成です。


170524d


角に置いてみました。


170524e


右側が飛び出ているのは物を挟むためです。


170524f


ブログだと「あっ」という間に完成ですが、
実際はわりとドタバタしています。
そして、
これのサイズ違いをもう一台作ります。



 

15



「ゆりじ工房」6月の出展イベントのお知らせです。

● 6/3(土)6/4(日) 11:00-16:00
海辺のカモメ市「ツバメの日」
(北九州市)門司港レトロ中央広場

● 6/18(日) 10:00-16:00
箱崎手づくり市「ハコイチ」
(福岡市)ハコビル・ハコ町屋

イベントの出展は、とても久しぶりになります。
どうぞよろしくお願い致します。




170522a


工房の看板がつきました。


170522b


雑貨、ギャラリー、アトリエとなっております。
OPENはまだまだ先です。
中はスッカラカンですのでこれから作る作業です。


工房のBGM用のスピーカーを取り付けようとしましたが、
このミニコンポ用のスピーカーしかありません。
壁に取り付けるには、
このスピーカーは奥行が長く、重いのです。

そこで、


170515a


フタをバキッ!って剥がしました。


170515b


すると、スピーカーの他に、
トイレットペーパーの芯のような筒と、ボロ布のようなモノが出てきました。



170515c


スピーカーの箱を接着している間に、少し調べてみると、
筒は、低音を強調するもの。
布は、反響音を抑える吸音材。
とのこと。


170515d


そして、接着できたら色を塗ります。
丸い穴は、低音を強調する筒を差し込むものです。
穴の向きが違いますが、箱を小さくしているのでこの向きになります。
気にしません。


170515e


そしてこれが一式セット。


170515f


低音を強調するトイレットペーパーの芯のような筒は、
こう付きます。


170515g


そして全部とり付けて組み立てると、
こうなります。


170515h


かなりコンパクトになりました。


170515i


さらに重さも軽くなりました。


170515j


果たして、
低音が強調されているかどうかは謎です。


170512c

工房の床は杉の無垢フローリングです。
杉はとてもやわらかいので汚れやすく傷つきやすいので、
「そのままだと土足で踏むと大変な事になるから何か塗ったほうがいいよ」
と塗装屋さんにアドバイスをしていただきました。

そこで塗ってみようと思います。

まずはマスキングです。
かわいいマスキングテープではなく、
本来のマスキングテープです。

170512a1

けっこうヨレヨレに仕上がりました。
シャーと貼れるイメージでしたが、
現実はこんなものです。
※隙間があるように見える部分は白のマスキングテープが貼ってあります。

部屋をぐるっとマスキングできたら塗装開始です。
「キシラデコール」という
防腐、防カビ、防虫、UVカットができる保護塗料です。

170512a



クリアに近い薄い色です。
塗っては乾かし、を3回繰り返しました。



170512b


しっとり落ち着いた色味になりました。


170512d


次の日、
太ももパンパンになりました。


170511c

壁紙と照明器具と換気扇とコンセントがつきました。

照明器具を点灯するとこんな感じです。
 ↓

170511b


ここまでで、大工さんの工事が終了しました。
不思議なもので始まったばかりの頃は長く感じた時間も、
終わってみると短くも感じます。

ですがこれで完成ではありません。
これからが本当に大変な作業です。
初めてのことだらけです。 
少しずつやっていこうと思っております。


170505a


170505b

手洗い器がつきました。
床は水滴が落ちてもいいフロアマットです。
タオルハンガーや鏡などはまだ付いていません。
というより、まだ買っていません。
ですのでまだ手は洗えません。
※水は出ます。



170505d

 
トイレもつきました。
そして、
タオルハンガーやペーパーホルダーなどはまだ付いていません。
というより、まだ買っていません。
ですのでまだトイレは使えません。
※水は出ます。

170504a



170504b


写真では分かりにくいですが、
床タイルの部分はスロープになっています。
外観はほぼ完成に近づきました。
後は看板が付けば完成ですが、
内装はまだまだです。
とりあえず、これで雨と風にはOKです。